第27回介護福祉士解答速報・合格基準・合格ライン 実技試験対策DVD - 第26回介護福祉士実技試験模範解答動画 2014

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合格保証の詳細についてはこちらから
介護福祉士実技試験対策DVD 介護福祉士実技試験合格基準 合格点 合格率



■第26回介護福祉士実技試験模範解答動画 2014


3月6日 更新 第26回介護福祉士実技試験模範解答動画


介護福祉士実技試験動画配信について


第26回介護福祉士実技試験模範解答
介護福祉士実技試験解答動画の視聴方法について
【3月5日から4月10日まで】期間限定配信中
無料視聴できます。
介護福祉士実技試験模範解答速報については下記手続きをご確認下さい。



◆手順
goukaku@star7.jpからメールを
配信いたしますので下記の手順をご確認
お願いします。

◆手順1
介護福祉士実技模範解答動画を受信するためには、
受信側(お客様)のスマホ・携帯端末で「 goukaku@star7.jp 」を
ドメイン指定受信設定し、

「 goukaku@star7.jp 」からのメールを受け取れる

ようにしてください。

◆手順2
動画がユーチューブで視聴できるURLを  goukaku@star7.jp  から配信します。
URLリンク規制解除設定もお願いします。


◆手順3
上記の点順1と2の設定をおこなってから
2014.3.2.の13時以降にメールを送信お願いします。

goukaku@star7.jp

に空メールを送信してください。
(空メールとは、何も記載しないメールのことです)


◆よくある質問
Q
メールが届かない。
A1
迷惑メールフォルダーに

振り分けられている可能性が
ありますので、
迷惑メールフォルダーを探すことを
おすすめします。

A2
上記の手順1と手順2の設定のご確認を
介護福祉士実技試験解答速報動画
解答速報動画の続きを掲載したします。
無料解答速報動画の視聴は
こちらからお願いします。
↓↓↓

第26回介護福祉士実技試験解答速報動画


■受験生の生の声はこちらから

【注意事項】
著作権の関係で、リンク、掲示板への貼り付け、
ブログ等への貼り付け、二次利用は厳禁とさせていただきます。
ご理解賜りますようお願いします。



1 試験課題



遠藤ミツさん(80歳)は、2ヶ月前に視力を失い、生活全般に

一部介助を必要としています。



遠藤さんは、食事に行く準備を整え、身だしなみを気にしています。

居室のいすに座っている遠藤さんを食堂まで歩行介助してください。

そして、遠藤さんが食卓について、スプーンを持つまでの介助をして

ください。本日の献立はカレーライスです。



遠藤さんの返事は、「はい」または、うなずくだけです。

(モデルは、アイマスクを着用しています。)

(試験時間は5分間以内です)



26回実技試験課題



■■■■

受験生へのお願い
実技試験模範解答動画解答速報をご視聴のご感想を
下記コメント欄に書き込みお願いします。


第26回介護福祉士実技試験模範解答

第26回実技試験お疲れ様でした。
受験生からいただいたメールとインタビューを
情報源とし、視覚障害者の介護について
実技試験の解説をいたします。


実際に模範解答動画を撮影し、試験室の設置
物品の配置、5分で収まるよう実技試験解答動画を
制作しました。

実際の映像は3月5日から4月10日まで視聴できます。
採点されているであろうポイントを
テキストベースで解説します。

・第26回介護福祉士実技試験の課題を読んで、
 試験官が採点したいポイント(項目)を
 把握できたきたかどうか?

・課題が求めている介護(演技)を展開できたか?

・心構えとして遠藤さんの目の代わりすること
 視力以外は遠藤さんの残存機能を活用しできる
 ところは遠藤さんにしていただく意識を持って
 臨めばよかったでしょう。

では、課題が求めている介護を大まかに解説します。
時間軸で、5分間を3分割します。時間の順番時系列で
考えて見ましょう。

前半部分

中盤部分

後半部分

と3分割します。


■おおまかな求められている介護
おおざっぱにご説明します。


1前半部分
・身だしなみを整える。

2中盤部分
・座位→立位
・歩行介助
・立位→座位

3後半部分
・食前の介助

上記の123の要素に視覚障害者の場合はどう介護するかという
観点と安全・安楽・個人の尊厳・自立支援の介護3原則を付加して
介護を展開することが求められています。


具体的に実技試験の出題範囲に書かれている採点項目を照らし合わせると
下記の項目が採点されていると予想します。
時間の順番で確認するとわかり易いでしょう。
下記のチェックボックスにレ点を入れて採点してみましょう。
15個ありますので、レ点が1個入ると6.66点加点されると考えましょう。
自己採点してみましょう。


■■試験出題範囲に書かれている項目■■

■前半部分
□採点項目01-コミュニケーション       → 【挨拶】
□採点項目02-利用者の健康状況の把握  → 【体調確認・トイレ確認】
□採点項目03-事前の説明と承諾       → 【目的説明・確認・承諾】
□採点項目04-外見(観)の変化を察知する観察→ 【ボタンに気づく】
□採点項目05-残存機能の活用        → 【ボタンを自分でとめたか】


■中盤部分
□採点項目06-事前の説明と承諾      → 【通路状況説明・介助方法相談】
□採点項目07-ボディ・メカニックスの活用  → 【身体介護(座位→立位)ふらつき確認】
□採点項目08-視覚障害者の歩行介助   → 【基本姿勢確認】
□採点項目09-視覚障害者の歩行介助   → 【安全な誘導・スピード・方向転換】
□採点項目10-ボディ・メカニックスの活用  → 【身体介護(立位→座位)安全に座れたか・姿勢の確認】


■後半部分
□採点項目11-事前の説明と承諾     → 【クロックポジションで説明してよいか?】
□採点項目12-食前の介助         → 【クロックポジションで献立の説明したか?】
□採点項目13-自立支援          → 【意欲の促進】楽しい食事を演出できたか?】
□採点項目14-食前の介助         → 【位置確認方法は適当か?】
□採点項目15-食前の介助         → 【安全か(熱い物・水・液体?】


模範解答動画をご覧いただくと、分かりやすいと思われます。


【余事記載・心臓の弱い方は読まないほうがよいかも・・・】
おしぼり・食前にのどを潤すといった介護を
とりいれると5分間にゼッタイ収まりません。

課題にも嚥下状態は触れられていません。
おしぼりも、場所さえわかれば自分でできます。
なので、ここは採点項目に入れていません。

丁寧な介護では、7分くらい試験時間があれば
おしぼり、のどを潤すをとりいれることは可能と推察。

考え方として
【視覚障害者の介護で優先すべき事項】を採点項目として抽出しました。

今回の実技試験予想合格基準点は40点もしくは33.33点あたりと
思われます。

過去の試験問題と比較して、もし合格基準点が今回46.66点以上ならインチキ試験と呼びます。


■■■動画撮影後記

駆け足の介護を推奨するような課題であり、
しかも
落とすことを前提に問題が作られている感があり
受験生にとっては、後味が悪い試験問題と思われます。
第17回試験のときと同じ後味の悪さがあります。

例示
視覚障害者に対して通路状況を説明する方法として

進路上の説明方法は下記の3つが必要です。
【足元の障害物説明】(段差・階段・その他障害物)
【頭をぶつけそうな障害があるかないか】
【通路幅が十分あるかないか】

この3点が説明なくても加点されるのか?されないのか?という点に
すごく強い興味があります。
一つだけの説明でも加点されると、
いい加減な介護も国がOKを出すという解釈もできます。


撮影してみて、今回の課題は、5分という時間で人に優しい介護、
思いやりのある介護はできないということを改めて感じました。
時間切れで着座で終わった受験生が多数を占めると思います。
逆に適切な介護技術があるから、着座で終了してしまったともいえます。
(ただ、試験なので割り切りも必要か・・・)

介護業界全体からみるとズバリ今回の課題としては適当ではないでしょう。

1問しか行わない実技試験で統計上、視覚障害者の実務経験がない
受験生に対して、視覚障害者の課題は適当ではないでしょう。
視覚障害者の介護は専門講座で理論と実践を学習すべきことを
うながし、視覚障害者 同行援護従業者養成研修(3万から5万)
へ誘導している気がします。

■根拠資料
平成22年 国民生活基礎調査の概況によると
要介護度別にみた介護が必要となった主な原因の構成割合をみると
要介護者・要支援者を100%とした場合2.1%が視覚障害・聴覚障害となっています。
ということは、約98%以上の介護者は視覚障害の介護の経験がないということが明らかです。
・視覚障害者総数約31万人 ・要支援・要介護者数500万人以上
(机上では習っているというレベルで、業務上は未経験ということです。)




今回の課題で

介護福祉士として適正なのかを判断するのか?と疑問を感じる方も多いでしょう。
自動車の普通免許の適性判断にサーキットレースのコースーを走らせ、
タイムがよければ普通自動車免許OKですよ。という試験方法となっています。

一般道路しか走らないドライバーにサーキットレースのコースは用意して、
試験をしても意味がありません。
F1を目指す受験生は、専門講座で理論と実践を学習すべきで、実技試験は
一般受験生は一般道路で行うべきでしょう。
なんでもかんでも、学習範囲をひろげると、介護現場で働く人材がいなくなる、
本末転倒な現象が拡大してしまうことを危惧します。


■結語
実技試験はいわば採点競技です。
スケートでは
ショートプログラム・フリープログラムがあります。

体操では
規定演技と自由演技があります。
複数審判で採点しない・証拠ビデオもないレアな試験形態をとっているので
実技試験は【基礎規定問題】と【選択問題】の2問の合計得点で評価
しないと選抜されるべき人材を選抜できなくなり介護業界の損失、ひいては
国民の損失にもなりかねません。

真面目な受験生のやる気をそぐような試験形態は改めるべきでしょう。

真摯に介護に取り組まれている受験生が、F1コースで失敗しても、本当の評価は
できないと思います。一般道路で勝負がしたかったという受験の声が非常に
多かったです。

よい結果が得られればそれはそれでよいのですが・・・・

最後に過去の得点を書いておきます。

3月27日に吉報が届くことをお祈り申し上げます。


過去の実技試験合格基準点

第26回介護福祉士実技試験 40点・33.33点(予想)

第25回介護福祉士実技試験 53.33点

第24回介護福祉士実技試験 53.33点

第23回介護福祉士実技試験 53.33点

第22回介護福祉士実技試験 53.33点

第21回介護福祉士実技試験 53.33点

第20回介護福祉士実技試験 53.33点

第19回介護福祉士実技試験 40.00点

第18回介護福祉士実技試験 46.77点

第17回介護福祉士実技試験 46.77点



第27回実技試験受験予定者必見!↓↓
早期合格保証制度あり、
第27回介護福祉士筆記試験不合格なら
代金返金します!
関連記事
合格保証の詳細についてはこちらから
介護福祉士実技試験対策DVD 介護福祉士実技試験合格基準 合格点 合格率



■コメント:

■管理人のみ閲覧できます []

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■Re:第26回介護福祉士実技試験模範解答動画 2014 []

衣類はボタン式のフリース

髪の毛はただ一つにしばってあるだけ
で、くせ毛なのかボサっとしていたが、
たぶんこれはこの子の地毛だろうと思い、
「髪の毛はきちんと整えられていますね」
と言っちゃった。モデルうなずく。

スエットのズボンは問題なし
「ズボンもぴったり履けていますが、
気になる感じはありませんか?」と聞くと
モデルうなずく。

アイマスクはバッチリ真中があいていて
目がギョロギョロ

椅子はひじかけなし
麻痺や痛みの記述一切なし
段差なし
ただ、でっかく「壁」と書いた紙が食堂部分との
仕切りに貼ってあった。

トレーに、水・カレーライス・サラダ。
はしとスプーン。
おしぼり。

会場が高校でしたので、
椅子は生徒の使っている椅子。
モデルさんはどうみても、高校生。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

介護福祉士実技試験

介護福祉士実技試験対策DVD

日本の教育関係動画で日本一の視聴者数です。 ↓↓↓ユーチューブ視聴

burogu001

Author:burogu001
FC2ブログへようこそ!

介護福祉士国家試験の解答速報を作成して15年目になります。法律改正等で受験生が困っているところや最新情報も随時更新しています。 介護福祉士実技試験対策DVDの視聴者数は40万人を超えました!

介護福祉士実技試験

介護福祉士掲示板

↓↓↓

介護福祉士掲示板

介護支援専門員掲示板
(受験生用)


介護支援専門員掲示板
(卒業生用)


介護福祉士解答速報24

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。